2017年3月12日に

名古屋ウィメンズマラソンが行われます。

 

スタート時間は9時10分

テレビ放送はフジテレビです。

 

今回の名古屋ウィメンズマラソンは

ロンドン世界陸上の最後の選考レースとなっています。

 

この記事では

名古屋ウィメンズマラソン2017の

招待選手と一般参加の注目選手を紹介して、

タイムや順位の予想をしています。

 

スポンサーリンク

招待選手

海外招待選手

ユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)

自己ベスト 2:21:41

リオオリンピックマラソン銀メダル

 

バレリア・ストラネオ(イタリア)

自己ベスト 2:23:44

 

ファツマ・サド(エチオピア)

自己ベスト 2:24:16

 

アレサンドラ・アギラル(スペイン)

自己ベスト 2:27:00

 

モニカ・ジェプコエチ(ケニア)

自己ベスト 2:27:26

 

ジャネット・チェロボンボーコム(アメリカ)

自己ベスト 2:29:45

 

キャシー・フィン(オーストラリア)

自己ベスト 2:33:01

国内招待選手

小原 怜(天満屋)

自己ベスト 2:23:20

欠場(左足小指付け根部分の疲労骨折)

 

清田 真央(スズキ浜松AC)

自己ベスト 2:24:32

 

岩出 玲亜(ノーリツ)

自己ベスト 2:24:38

 

桑原 彩(積水化学)

自己ベスト 2:25:09

 

竹地 志帆(ヤマダ電機)

自己ベスト 2:25:29

 

加藤 麻美(パナソニック)

自己ベスト 2:26:30

 

清水 美穂(ホクレン)

自己ベスト 1:09:41(ハーフ)

欠場(右臀部の筋肉炎症)

 

石井 寿美(ヤマダ電機)

自己ベスト 1:10:09(ハーフ)

一般参加の注目選手

吉田 香織(TEAM R×L)

自己ベスト 2:28:43

 

早川 英里(TOTO)

自己ベスト 2:25:31

 

安藤 友香(スズキ浜松AC)

自己ベスト 1:09:51(ハーフ)

 

宇都宮 亜依(宮崎銀行)

自己ベスト 1:10:47(ハーフ)

 

新井 沙紀枝(大阪学院大学)

自己ベスト 2:34:40

 

井上 藍(ノーリツ)

自己ベスト 2:36:35

 

佐野(旧姓中里)麗美(ニトリ女子RT)

自己ベスト 2:24:28

 

スポンサーリンク

ペースメーカーの設定について

今回のペースメーカーは

キルワ選手が速い設定を求めたため

2つに分けられる予定です。

 

日本人選手はどちらを選んでもいいそうです。

 

しかし、こうなると

大阪国際女子マラソンとの条件が違うので、

タイムによっては代表選びが難しくなります。

優勝候補

優勝はそこそこの走りができれば

キルワ選手で間違いないです。

 

ペースメーカーの設定タイムによりますが、

自己ベストの更新も十分にありそうです。

 

他の海外招待選手で

日本人のライバルになりそうなのは

エチオピアのサド選手です。

日本人選手のタイムと順位予想

それでは日本人選手の予想をします。

 

1位 2:22:50 小原怜

2位 2:23:20清田真央

3位 2:25:30 石井寿美

 

速いペース設定がどう影響するかですよね。

 

小原選手と清田選手は間違いなく

速いペースメーカーに付いていくと予想しています。

 

日本人のトップ争いはこの2人になると思います。

 

岩出選手は都道府県対抗女子駅伝での

走りを見ると、好走は期待できません。

 

桑原選手と竹地選手はどっちの

ペースメーカーに付いていくかに注目です。

 

ロンドン世界陸上の代表を狙うなら、

速い方に付いていくしかないかなと思います。

 

石井選手は速いペースに付いて行って、

けっこう粘れるんじゃないかと予想します。

 

丸亀ハーフマラソンのタイムは

そんなに良くなかったんですが、

清水美穂選手も気になります。

 

スポンサーリンク

ロンドン世界陸上の代表争いについて

今のところ代表争いはこうなってます。

 

北海道マラソン

2:32:33 吉田香織

 

さいたま国際マラソン

2:33:16 那須川瑞穂

 

大阪国際女子マラソン

2:24:22 重友梨佐

2:25:44 堀江美里

2:26:19 田中華絵

 

重友選手はほぼ確定です。

名古屋のトップもほぼ確定です。

 

ということで、残り1つの枠を

堀江選手と名古屋の2位が争うことになります。

 

堀江選手に勝つには

2時間25分を切りたいところです。

3月5日追記

残念ながら小原怜選手と清水美穂選手が

欠場となってしまいました。

 

これで堀江美里選手の代表の可能性が

50%を超えたかもしれません。

 

日本人トップが2時間26分台とかも

普通にありそうな感じになってきました。

 

スポンサーリンク