2017年2月19日に

第51回青梅マラソンが行われました。

 

この記事では青梅マラソン2017の

結果速報と感想について書いています。

 

注目されていた神野大地選手と

鷲見梓沙選手の成績はどうだったんでしょうか?

 

スポンサーリンク

青梅マラソン2017結果速報

男子

1位 1:30:49 チェボティビン・エゼキエル

2位 1:30:55 ギザエ・マイケル

3位 1:31:33 神野 大地

4位 1:31:38 押川 裕貴

5位 1:33:50 須河 宏紀

6位 1:34:00 藤森 憲秀

7位 1:34:10 植木 章文

8位 1:34:29 天野 正治

9位 1:34:54 口町 亮

10位 1:35:14 青木 優

女子

1位 1:46:24 宇都宮 亜未

途中棄権 鷲見 梓沙

欠場     小指 有未

 

スポンサーリンク

 

感想

男子

神野大地選手は

丸亀ハーフの時と比べると、

物足りないタイムです。

 

押川裕貴選手が前回と比べると

わずか1秒遅れただけなので、

タイムが出にくい状況だとは考えにくいです。

 

押川選手のマラソンの自己ベストは

2時間13分24秒です。

 

神野選手は福岡国際マラソン2017に出場予定です。

 

初マラソンなので、

2時間12分を切れればいいかな

と思ってますが、今回の結果を見ると、

まだまだ練習が必要な気がします。

女子

小指有未選手が欠場して、

鷲見梓沙選手が途中棄権したので、

宇都宮亜未選手が圧倒的な差で優勝しました。

 

前回優勝した下門美春選手のタイムが

1時間43分55秒だったので、

タイムはよくないです。

 

 鷲見梓沙選手は

5kmから10kmの間で

途中棄権をしています。

 

5kmの通過タイムが

17分55秒となっているので、

序盤から思うような走りが

できなかったことがわかります。

 

故障から復帰して最近は

好成績を残していたので残念です。

 

また故障とかじゃないといいんですが。

 

スポンサーリンク