2016年11月20日に

上尾ハーフマラソンが行われました。

 

この記事では

上尾ハーフマラソンの結果を

大学別に順位をまとめています。

 

スポンサーリンク

上尾ハーフマラソン2016の結果速報と感想

※上位50位までと

箱根駅伝に出場する

可能性の高い選手のみ

早稲田大学

1位(61:59)武田凛太郎

6位(62:14)平和真

7位(62:16)鈴木洋平

11位(62:48)太田智樹

19位(63:04)佐藤淳

23位(63:08)清水歓太

28位(63:25)井戸浩貴

38位(63:38)藤原滋記

42位(63:44)光延誠

 

全日本に続いて素晴らしい成績です。

 

このメンバーに安井・永山・新迫

といった選手が加わるので、

箱根駅伝での出場争いが激しくなりそうです。

山梨学院大学

2位(62:01)上田健太

9位(62:28)佐藤孝哉

14位(63:01)永戸聖

59位(63:57)熊代拓也

132位(65:14)市谷龍太郎

 

層が薄いので、

今回の市谷選手の結果は

シード権獲得が不安になります。

東海大学

3位(62:03)鬼塚翔太

8位(62:17)松尾淳之介

17位(63:03)高田凜太郎

24位(63:10)春日千速

27位(63:22)湯澤舜

36位(63:34)郡司陽大

40位(63:41)宮本甲斐

53位(63:53)林竜之介

 

松尾選手は全日本の時は

エントリー選手の中にも

入っていませんでしたが、

素晴らしい成績ですね。

 

今回の成績を見ると、

鬼塚選手は箱根駅伝で

1区を走ることになりそうです。

 

東海大学は層が厚すぎて

誰が走るのかわかりません。

日本体育大学

4位(62:04)小松巧弥

15位(63:02)吉田亮壱

16位(63:03)秋山清仁

18位(63:03)小野木俊

20位(63:04)中川翔太

26位(63:20)城越勇星

30位(63:26)宮﨑勇将

37位(63:37)小町昌矢

48位(63:50)室伏穂高

62位(63:59)辻野恭哉

 

全日本は何だったんだ?

というくらい好成績です。

 

今回のような走りができれば

箱根駅伝でのシード権獲得は

間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

東洋大学

5位(62:05)相澤晃

10位(62:44)櫻岡駿

21位(63:04)小早川健

33位(63:30)竹下和輝

44位(63:46)堀龍彦

50位(63:51)牧浦聖士

 

全日本に続いて相澤選手が好走しています。

 

箱根駅伝でのシード権は

かなり安全になった感じです。

駒澤大学

29位(63:25)高本真樹

39位(63:38)中村佳樹

80位(64:21)紺野凌矢

130位(65:12)伊勢翔吾

 

全日本を走った紺野選手と

伊勢選手の成績が良くなかったです。

中央学院大学

22位(63:05)横川巧

35位(63:31)市山翼

46位(63:47)福岡海統

64位(64:00)藤田大智

111位(64:55)廣佳樹

 

出雲・全日本と比べると

全体的に成績は悪いです。

 

しかし、横川選手が距離対応できる

というのが分かったのは大きいです。

帝京大学

47位(63:47)横井裕仁

國學院大學

12位(62:49)小田智哉

31位(63:27)曽我部憲汰

107位(64:52)國澤優志

大東文化大学

13位(62:54)林日高

34位(63:31)中神文弘

45位(63:46)石橋優哉

52位(63:52)齋藤諒

82位(64:24)北村一摩

神奈川大学

25位(63:12)大塚倭

明治大学

41位(63:41)田中龍太

日本大学

79位(64:21)清水目大貴

城西大学

32位(63:27)西嶋雄伸

43位(63:44)大石巧

49位(63:50)中島公平

 

スポンサーリンク