2020年10月4日にロンドンマラソンが行われました。

今回のロンドンマラソンは日程が延期となり、コースは1周2km強の周回コースでした。

 

この記事では上位の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

ロンドンマラソン2020結果

女子

優勝 2:18:58 ブリジット・コスゲイ(ケニア)

2位 2:22:01 サラ・ホール(アメリカ)

3位 2:22:05 ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)

4位 2:22:51 アシェテ・ベケレ(エチオピア)

5位 2:24:23 アレム・メゲルトゥ(エチオピア)

 

ブリジット・コスゲイ選手の連覇でした。

これで、シカゴ・ロンドン・シカゴ・ロンドンとマラソン4連勝です。

全て2位に大差をつけての圧勝なので強すぎます。

 

サラ・ホール選手は37歳ですが、自己ベストで2位に入ってきました。

後半もほとんどペースを落とさずに順位を上げていきました。

 

ルース・チェプンゲティッチ選手は後半で大きくペースが落ちてしまいました。

 

スポンサーリンク

男子

優勝 2:05:41 シュラ・キタタ(エチオピア)

2位 2:05:42 ヴィンセント・キプチュンバ(ケニア)

3位 2:05:45 シセイ・レマ(エチオピア)

4位 2:06:04 モジネット・ゲレメウ(エチオピア)

5位 2:06:08 ムレ・ワシフン(エチオピア)

8位 2:06:49 エリウド・キプチョゲ(ケニア)

欠場 ケネニサ・ベケレ(エチオピア)

 

ペースメーカーがいましたが、ハーフ通過1時間2分54秒でそんなに速いペースではありませんでした。

最後まで接戦でスプリント勝負になり、シュラ・キタタ選手が勝ちました。

 

キタタ選手はWMM初優勝です。

毎回上位に入っていて、安定して強い選手です。

 

2位のキプチュンバ選手はWMMで初めてのポイント獲得だと思います。

 

3~5位には自己ベスト2時間4分切りのエチオピア人選手が3人入っています。

 

エリウド・キプチョゲ選手はマラソン10連勝中でしたが、ついに負けてしまいました。

調整が上手くいかなかったんでしょうか。

毎回圧倒的な強さで優勝していたので、衝撃的な結果でした。

 

スポンサーリンク