2019年11月24日に第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝)が行われます。

今回も戦力が拮抗していて予想が難しいですが、全22チームの順位予想をしています。

 

スポンサーリンク

クイーンズ駅伝2019の日程とコース

日程:2019年11月24日

スタート時間:12時15分

テレビ放送:TBS系列で11時50分~14時54分

コース:松島町文化観光交流館前~仙台市陸上競技場

シード権:8位まで

 

区間距離

※外国人選手は4区のみ

1区 7.0km

2区 3.9km

3区 10.9km

4区 3.6km

5区 10.0km

6区 6.795km

合計 42.195km

クイーンズ駅伝2019の出場チーム一覧

シード

パナソニック

天満屋

ダイハツ

ヤマダ電機

ワコール

豊田自動織機

JP日本郵政グループ

デンソー

クイーンズ駅伝2018結果

 

予選会(プリンセス駅伝)通過

積水化学

九電工

三井住友海上

第一生命グループ

ルートインホテルズ

京セラ

日立

大塚製薬

エディオン

ユニバーサルエンターテインメント

資生堂

肥後銀行

スターツ

ユニクロ

プリンセス駅伝2019結果

 

スポンサーリンク

クイーンズ駅伝2019全チーム順位予想

※シード権は8位まで

 

優勝 パナソニック

2位 豊田自動織機

3位 ワコール

4位 天満屋

5位 資生堂

6位 ヤマダ電機

7位 JP日本郵政グループ

8位 第一生命グループ


9位 ダイハツ

10位 デンソー

11位 京セラ

12位 九電工

13位 ユニバーサルエンターテインメント

14位 積水化学

15位 三井住友海上

16位 ルートインホテルズ

17位 エディオン

18位 大塚製薬

19位 日立

20位 スターツ

21位 肥後銀行

22位 ユニクロ

 

ボーダーライン付近の戦力が拮抗しすぎていて、予想が難しかったです。

いい感じで戦力が分散しています。

 

上位3チームまではシード権安全レベルだと思います。

そして、16位予想くらいまではクイーンズ8の可能性が十分にあるレベルだと思います。

クイーンズ駅伝2019の戦力分析

パナソニック

森田香織選手が少し不調なのが気になりますが、全体的に調子が良いです。

ルーキーの中村優希選手が短い区間で好走しそうです。

 

豊田自動織機

前回走れなかった福田有以選手の調子が良いです。

萩原歩美選手と川口桃佳選手も安定して好タイムを出しています。

明らかに前回より戦力アップしています。

 

ワコール

安藤友香選手の加入で戦力がアップしています。

若手の長谷川詩乃選手や谷口真菜選手も良いタイムを出しています。

 

天満屋

前回と同じくらいの戦力だと思います。

MGC出場権獲得者である、前田穂南選手、小原怜選手、谷本観月選手を中心に総合力が高いチームです。

 

資生堂

プリンセス駅伝は11位でしたが、クイーンズ駅伝では調子を上げてくるでしょう。

さらに、区間賞を狙える木村友香選手も加われば、強いチームになります。

 

ヤマダ電機

ルーキーの田﨑優理選手が短い区間で好走しそうです。

西原加純選手はホクレンでは良いタイムを出していましたが、全日本実業団では良くなかったです。

 

JP日本郵政グループ

ドーハ世界陸上欠場の鍋島莉奈選手はだいぶ戻ってきているみたいです。

しかし、鈴木亜由子選手と廣中璃梨佳選手以外に区間上位で走れそうな選手がいません。

1・3・5区で稼いで、2・4・6区で耐えるという展開になると思います。

 

第一生命グループ

上原美幸選手は長い区間で大きくタイムを稼げる選手です。

しかし、全然ダメなことも多いので、上原選手の出来で大きく総合順位が変わってきます。

1区の出遅れが続いているのが少し不安です。

 

ダイハツ

松田瑞生選手が今シーズン不調なので評価を下げました。

しかし、他の選手は悪くないので、クイーンズ8は十分に狙える戦力があります。

 

デンソー

小笠原朱里選手が入部して戦力がアップしています。

しかし、資生堂と第一生命グループが強いので、前回の結果順位より今回の予想順位が下がっています。

 

京セラ

松田杏奈選手、盛山鈴奈選手、足立由真選手がプリンセス駅伝で好走しています。

あとは山ノ内みなみ選手の調子次第で大きく順位が変わってくると思います。

 

九電工

プリンセス駅伝では加藤岬選手抜きで2位でした。

総合力は上がっていると思います。

 

ユニバーサルエンターテインメント

プリンセス駅伝では猿見田裕香選手と和久夢来選手が良くなかったです。

鷲見梓沙選手が走れるかどうかは気になります。

 

積水化学

プリンセス駅伝で優勝したチームなんですが、そんなに強い勝ち方ではなかったので、今回の予想順位になりました。

前回よりも強いと思います。

 

三井住友海上

岡本春美選手の調子が上がっていると思うので、プリンセス駅伝の時より期待できます。

 

ルートインホテルズ

東日本女子駅伝の結果を見ると、主力の加藤海音選手と藤田正由加選手の調子が上がってないようです。

 

エディオン

萩谷楓選手はプリンセス駅伝で1区区間賞でした。

クイーンズ駅伝でも1区区間賞候補です。

 

大塚製薬

横江里沙選手が復活してきたのが大きいです。

3区で区間上位が期待できます。

 

日立

小澤夏美選手はプリンセス駅伝6区区間賞でした。

田村紀薫選手と小井戸涼選手も実力があります。

 

スターツ

グレース・キマンズィ選手はプリンセス駅伝で脚を痛めていたので、クイーンズ駅伝は走れないかもしれません。

日本人選手は赤坂よもぎ選手が入部しているので、戦力がアップしています。

 

肥後銀行

前回と同じくらいの強さだと思います。

 

ユニクロ

戦力がアップしていますが、クイーンズ駅伝ではまだ勝負できないレベルだと思います。

 

スポンサーリンク