2019年11月10日に第35回東日本女子駅伝が行われます。

この記事では東日本女子駅伝2019の全18チームの順位予想と上位予想チームの戦力分析をしています。

 

スポンサーリンク

東日本女子駅伝2019の概要

日程:2019年11月10日

スタート時間:12時03分

テレビ放送:フジテレビで12時~(西日本では放送されません)

 

区間距離

※4区、8区は中学生区間

1区:6km

2区:4km

3区:3km

4区:3km

5区:5.0875km

6区:4.1075km

7区:4km

8区:3km

9区:10km

合計:42.195km

 

↓前回の結果

東日本女子駅伝2018結果

出場チーム一覧

1,北海道

2,青森

3,岩手

4,宮城

5,秋田

6,山形

7,福島

8,茨城

9,栃木

10,群馬

11,埼玉

12,千葉

13,東京

14,神奈川

15,山梨

16,新潟

17,長野

18,静岡

 

スポンサーリンク

東日本女子駅伝2019順位予想

優勝 東京

2位 千葉

3位 長野

4位 神奈川

5位 群馬

6位 静岡

7位 宮城

8位 埼玉

9位 茨城

10位 秋田

11位 福島

12位 新潟

13位 北海道

14位 栃木

15位 岩手

16位 山形

17位 青森

18位 山梨

上位予想チームの戦力分析と注目選手

東京

注目選手:新谷仁美

 

アンカーの新谷仁美選手は前回区間2位に1分27秒差をつけています。

今回も区間2位に1分以上の差をつける可能性が高いです。

中高生も強いので、今回はトップから30秒以内でアンカーがスタートすると予想しています。

前回よりも総合タイムが速くなると思います。

千葉

注目選手:加世田梨花

 

東京といい勝負ができそうなのは千葉だけだと思います。

アンカーの途中まではトップだと予想しています。

東京に勝つには1区予想の加世田梨花選手が最低でも30秒の貯金を作らないと難しいです。

中高生が非常に強く、アンカー予想の篠塚麻衣選手もプリンセス駅伝2区2位だったので好走が期待できます。

長野

注目選手:和田有菜

 

まず、アンカーを誰が走るのか気になります。

和田有菜選手は出来れば1区か5区が良いと思いますが、他にアンカー候補がいないのでアンカーを走るのかなと思います。

前回と比べると少し戦力が落ちていると思います。

神奈川

注目選手:福嶋摩耶

 

福嶋摩耶選手はアンカーでしょうか。

全日本大学女子駅伝のエース区間で区間3位だったので、今回も期待できます。

中高生も悪くないので、1区予想の佐藤成葉選手から上位でつないでいくと思います。

群馬

注目選手:樺沢和佳奈

 

前回より戦力が上がっていると思います。

1区予想の樺沢和佳奈選手は駅伝で好走することが多く、区間賞候補です。

アンカー予想の筒井咲帆選手も安定して強い選手です。

静岡

注目選手:清田真央

 

清田真央選手の最近の成績が良くないのと、中学生区間が前回と比べると少し落ちます。

清田真央選手はアンカーではなくて1区の可能性も高いと思います。

またマラソンでの好走を見たいので、良い結果を期待しています。

宮城

注目選手:木村梨七

 

中高生が非常に強いです。

アンカーで順位を落としてしまうと思いますが、8区までは上位争いをしていると予想します。

木村梨七選手はインターハイ3000mで日本人トップになっていて、前回は1区5位でした。

今回も1区予想で、区間賞争いをすると思います。

埼玉

注目選手:小川陽香

 

小川陽香選手は全中陸上1500mで2位に入っていて、区間賞が期待できる選手です。

三ツ木桃香選手は全日本大学女子駅伝で6区区間賞でした。

 

東日本女子駅伝2019結果

 

スポンサーリンク