2019年6月27日に第103回日本陸上競技選手権大会の男子5000mが行われました。

この記事では男子5000m決勝の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

日本選手権2019男子5000m結果速報

1位 13:41.27 松枝博輝(富士通)

2位 13:43.13 田中秀幸(トヨタ自動車)

3位 13:44.40 服部弾馬(トーエネック)

4位 13:46.39 茂木圭次郎(旭化成)

5位 13:47.00 相澤晃(東洋大学)

6位 13:47.19 平和真(カネボウ)

7位 13:47.25 遠藤日向(住友電工)

8位 13:47.31 設楽悠太(Honda)

9位 13:47.44 鬼塚翔太(東海大学)

10位 13:55.16 市川孝徳(日立物流)

11位 13:58.11 市田宏(旭化成)

12位 14:05.11 竹内大地(トーエネック)

13位 14:09.23 井上大仁(MHPS)

14位 14:11.61 浅岡満憲(日立物流)

15位 14:14.18 湊谷春紀(DeNA)

16位 14:17.32 岡本雄大(サンベルクス)

17位 14:17.50 坂東悠汰(富士通)

18位 14:20.62 牟田祐樹(日立物流)

19位 14:24.88 佐藤佑輔(富士通)

20位 14:31.64 寺内將人(愛知製鋼)

欠場 橋詰大慧(SGHグループ)

 

スポンサーリンク

 

スローペースで始まって、茂木圭次郎選手が飛び出しました。

茂木選手は3000mで吸収されました。。

残り3週になって設楽悠太選手が飛び出して、松枝博輝選手が反応。

ラスト1週で田中秀幸選手と服部弾馬選手が追い上げて来ましたが、松枝選手が最後まで強かったです。

 

松枝選手は今シーズン1500mで日本歴代3位の記録を出していました。

設楽悠太選手の仕掛けに対応出来たのが良かったと思います。

 

田中秀幸選手は今回も強かったです。

トラックでも駅伝でも好走することが多い選手です。

 

服部弾馬選手は連覇は出来ませんでしたが、今回も上位に入ってきました。

ラストは強かったです。

 

今シーズン絶好調だった坂東悠汰選手は今回は残念な結果でした。

早い段階で遅れてしまったので意外でした。

 

スポンサーリンク