2019年1月20日に第24回全国都道府県対抗男子駅伝が行われました。

 

この記事では都道府県対抗男子駅伝2019の結果速報(総合順位・タイム・区間賞)と感想について書いています。

 

スポンサーリンク

都道府県対抗男子駅伝2018結果速報

総合順位・タイム

優勝 2:19:43 福島

2位 2:20:18 群馬

3位 2:20:22 長野

4位 2:20:38 広島

5位 2:20:56 長崎

6位 2:21:22 鹿児島

7位 2:21:26 愛知

8位 2:21:28 福岡

9位 2:21:29 和歌山

10位 2:21:31 神奈川

11位 2:21:37 熊本

12位 2:21:44 宮城

13位 2:21:45 京都

14位 2:21:47 千葉

15位 2:21:49 大阪

16位 2:21:53 兵庫

17位 2:22:23 埼玉

18位 2:22:24 東京

19位 2:22:25 岩手

20位 2:22:29 岡山

21位 2:22:31 茨城

22位 2:22:39 静岡

23位 2:23:00 佐賀

24位 2:23:14 山口

25位 2:23:24 栃木

26位 2:23:30 岐阜

27位 2:23:43 新潟

28位 2:23:50 宮崎

29位 2:24:04 秋田

30位 2:24:06 富山

31位 2:24:09 山形

32位 2:24:14 福井

33位 2:24:19 滋賀

34位 2:24:36 大分

35位 2:24:37 三重

36位 2:25:22 石川

37位 2:25:24 徳島

38位 2:25:30 鳥取

39位 2:25:32 北海道

40位 2:25:48 島根

41位 2:25:53 青森

42位 2:26:17 奈良

43位 2:26:41 愛媛

44位 2:27:49 香川

45位 2:28:23 沖縄

46位 2:28:32 山梨

47位 2:29:05 高知

 

優勝タイムは前回より遅かったけど、下位チームは前回より30秒~1分くらい速かったです。

区間賞

1区 菖蒲敦司(山口)

2区 滝澤愛弥(栃木)

3区 塩尻和也(群馬)

4区 横田俊吾(福島)

5区 佐藤一世(千葉)

6区 堀口花道(群馬)

7区 相澤晃(福島)

優秀選手賞

相澤晃(福島)

ジュニアA優秀選手賞

佐藤一世(千葉)

ジュニアB優秀選手賞

滝澤愛弥(栃木)

いだてん賞

岡本直己(鳥取)

 

スポンサーリンク

全体の感想

1区はスローペースで色んな選手が交代で先頭を走る展開でした。

後半からペースが上がっていき、ラスト勝負になり菖蒲敦司選手が競り勝ちました。

全国高校駅伝1区区間賞の白鳥哲汰選手は18秒差の21位でした。

 

2区は栃木の滝澤愛弥選手が22人抜きの区間賞でした。

 

3区は9位でもらった群馬の塩尻和也選手が区間賞の快走でトップになりました。

鳥取の岡本直己選手は17人抜きで、これまでの合計が112人抜きとなりました。

区間上位は大学生が多かったです。

 

4区は群馬の石田洸介選手が前半で差を広げましたが、後半は広島の倉本玄太選手と福島の横田俊吾選手に差をつめられました。

注目していた長崎の林田洋翔選手は区間9位で差を広げられてしまいました。

中盤あたりで上半身がブレているように見えました。

 

5区はテレビには映っていませんでしたが、千葉の佐藤一世選手と大阪の葛西潤選手が良いタイムで走っています。

20番前後でもらっている中でこのタイムは力があります。

 

6区は堀口花道選手が序盤から積極的な走りで、福島と長野に25秒差をつけました。

 

第6中継所で大阪の小松巧弥選手が間違えて岩手のタスキを受け取るというハプニングがありました。

大阪と岩手のユニフォームは非常に似ていました。

 

アンカーの7区は逃げる群馬の牧良輔選手を福島の相澤晃選手と長野の中谷雄飛選手が少しずつ差をつめていきました。

中間点を過ぎてから相澤選手が追いついて、一気に抜いていきました。

早めのスパートでしたが、後ろが気になったんだと思います。

最後までペースが落ちることなく区間記録まであと5秒という好タイムでした。

入賞と過去最高順位チームの感想

福島

今回は強い選手が揃い初優勝でした。

学法石川高校が強かったです。

相澤晃選手は箱根駅伝に続いての好走でした。

群馬

4区までは理想の展開でしたが、5区の大澤佑介選手が後半遅かったです。

インフルエンザの西山和弥選手の代わりに急に走ることになった牧良輔選手は、相澤晃選手には抜かれましたが区間10位で2位を守りました。

塩尻和也選手はよく試合に出場していますが、今シーズンは安定して良い成績を残しています。

長野

全ての区間で良い結果だったと思います。

アンカーの中谷雄飛選手はゴールした後に悔しさを見せていましたが、強いメンバーの中で区間3位は予想以上の結果でした。

広島

1区は区間順位は悪いですが、タイム差は19秒でした。

3区の田圭太選手が区間3位、4区の倉本玄太選手が区間2位の好走でした。

長崎

強いと思っていた高校生が全員悪く、弱いと思っていた一般が二人とも区間一桁の好走でした。

総合タイムがトップと1分13秒差だったので、高校生が良ければ優勝できたかもしれません。

鹿児島

4区まではすばらしい成績で、5区で遅れましたが、6区・7区で順位を上げました。

特に3区と4区は上手く上位をキープ出来ていました。

愛知

4区・5区が悪かったんですが、アンカーの服部勇馬選手が11人抜きで入賞ラインまで上がってきました。

服部勇馬選手は連戦であまり調子は良くなさそうでしたが、区間2位の好走でした。

福岡

中学生が二人とも強かったです。

高校生も持ちタイム以上の結果で予想以上の順位でした。

和歌山

過去最高の26位を大幅に更新する9位でした。

今回は強い高校生を3人揃えることができ、一般も二人とも強い選手が走り、好走しました。

持ちタイムが悪い中学生も粘ってキープしていました。

 

来週は大阪国際女子マラソンがあります。

大阪国際女子マラソン2019予想!ラップチャレンジで賞金獲得?

 

スポンサーリンク