2018年12月23日に全国高校駅伝が行われます。

 

この記事では全国高校駅伝2018の出場校一覧・順位予想・優勝候補・注目選手の紹介をしています。

スポンサーリンク

第30回女子高校駅伝2018

大会情報

スタート時間:10時20分

テレビ放送:NHK

 

1区:6km

2区:4,0975km

3区:3km

4区:3km

5区:5km

合計:21,0975km

出場校一覧

今回は記念大会なので地区代表校が11校あります。

※数字はゼッケンナンバー

 

1,北海道:旭川龍谷

2,青森:青森山田

3,岩手:盛岡誠桜

4,宮城:仙台育英

5,秋田:大曲

6,山形:山形城北

7,福島:学法石川

8,茨城:茨城キリスト

9,栃木:白鴎大足利

10,群馬:常磐

11,埼玉:埼玉栄

12,千葉:成田

13,東京:順天

14,神奈川:白鵬女子

15,山梨:山梨学院

16,新潟:新潟産大付

17,長野:長野東

18,富山:富山商

19,石川:遊学館

20,福井:美方

21,静岡:島田

22,愛知:豊川

23,三重:津商

24,岐阜:大垣日大

25,滋賀:比叡山

26,京都:立命館宇治

27,大阪:大阪薫英女学院

28,兵庫:須磨学園

29,奈良:智辯学園奈良カレッジ

30,和歌山:和歌山北

31,鳥取:八頭

32,島根:平田

33,岡山:興譲館

34,広島:世羅

35,山口:西京

36,香川:高松工芸

37,徳島:鳴門

38,愛媛:八幡浜

39,高知:山田

40,福岡:筑紫女学園

41,佐賀:佐賀清和

42,長崎:長崎商

43,大分:大分東明

44,熊本:千原台

45,宮崎:宮崎日大

46,鹿児島:神村学園

47,沖縄:名護

51,北海道地区:札幌日大

52,東北地区:東海大山形

53,北関東地区:昌平

54,南関東地区:錦城学園

55,北信越地区:新潟第一

56,東海地区:光ヶ丘女子

57,近畿地区:京都光華

58,中国地区:倉敷

59,四国地区:四学香川西

60,北九州地区:北九州市立

61,南九州地区:樟南

 

高校駅伝2018予選会日程一覧と結果

高校駅伝2018予選会タイムランキング

 

スポンサーリンク

順位予想

優勝 仙台育英(宮城)

2位 長野東(長野)

3位 須磨学園(兵庫)

4位 薫英女学院(大阪)

5位 神村学園(鹿児島)

6位 大分東明(大分)

7位 樟南(南九州地区) 

8位 豊川(愛知)

9位 山梨学院(山梨)

10位 成田(千葉)

優勝候補と展開予想

優勝候補は仙台育英・長野東・須磨学園の3校。

その次に薫英女学院・神村学園・大分東明・樟南の4校が追う。

 

今回は1区に廣中璃梨佳選手と小笠原朱里選手が出てくるので、この2人が序盤から飛び出す可能性が高いです。

他の選手はどう対応するかに注目です。

上位予想チームの戦力分析

仙台育英(宮城)

留学生は前回より弱いが、日本人選手は前回より強い。

木村梨七選手が5区の場合、トップと30秒以内なら逆転可能。

どの区間も隙がない。

 

長野東(長野)

前回より少し強い。

萩谷楓・高松いずみ・小林成美の3選手が安定して強い。

3,4区は少し弱め。

 

須磨学園(兵庫)

3,4区は全チームの中で最強。

1,2区を上手く耐えられるかがポイント。

注目選手の紹介

廣中璃梨佳(長崎商)

3000mベストタイム2位

都道府県対抗女子駅伝で中3~高2まで3年連続区間賞

新谷仁美さんが持っている1区区間記録18分52秒を更新できるかに注目

 

小笠原朱里(山梨学院)

3000mベストタイム1位

駅伝ではトラックのようなすばらしい実績を残せていない

廣中璃梨佳選手と一緒に序盤から飛び出す可能性が高い

 

木村梨七(仙台育英)

3000mベストタイム3位

前回5区区間賞

5区を走れば優勝候補のチームでも30秒差以内なら逆転可能

 

スポンサーリンク

第69回男子高校駅伝2018

大会情報

スタート時間:12時30分

テレビ放送:NHK

 

1区:10km

2区:3km

3区:8,1075km

4区:8,0875km

5区:3km

6区:5km

7区:5km

合計:42,195km

出場校一覧

※数字はゼッケンナンバー

 

1,北海道:北海道栄

2,青森:青森山田

3,岩手:一関学院

4,宮城:仙台育英

5,秋田:秋田工

6,山形:東海大山形

7,福島:学法石川

8,茨城:水城

9,栃木:那須拓陽

10,群馬:樹徳

11,埼玉:埼玉栄

12,千葉:八千代松陰

13,東京:駒大高

14,神奈川:鎌倉学園

15,山梨:山梨学院

16,新潟:開志国際

17,長野:佐久長聖

18,富山:高岡向陵

19,石川:遊学館

20,福井:美方

21,静岡:韮山

22,愛知:豊川

23,三重:伊賀白鳳

24,岐阜:中京院中京

25,滋賀:滋賀学園

26,京都:洛南

27,大阪:関西創価

28,兵庫:西脇工業

29,奈良:智辯学園奈良カレッジ

30,和歌山:田辺工業

31,鳥取:鳥取城北

32,島根:出雲工

33,岡山:倉敷

34,広島:世羅

35,山口:西京

36,香川:小豆島中央

37,徳島:つるぎ

38,愛媛:松山商

39,高知:高知農

40,福岡:大牟田

41,佐賀:鳥栖工

42,長崎:松浦

43,大分:大分東明

44,熊本:九州学院

45,宮崎:宮崎日大

46,鹿児島:鹿児島城西

47,沖縄:コザ

 

高校駅伝2018予選会日程一覧と結果

高校駅伝2018予選会タイムランキング

 

スポンサーリンク

順位予想

優勝 倉敷(岡山)

2位 仙台育英(宮城)

3位 九州学院(熊本)

4位 世羅(広島)

5位 佐久長聖(長野)

6位 大分東明(大分)

7位 西脇工業(兵庫)

8位 豊川(愛知)

9位 八千代松陰(千葉)

10位 埼玉栄(埼玉)

優勝候補と展開予想

優勝候補は倉敷で少し抜けています。

次に強いのは仙台育英、九州学院、世羅の3校。

ディフェンディングチャンピオンの佐久長聖は主力の状態が悪いので、今回は入賞できるかどうかくらいだと予想しています。

 

前回は中谷雄飛選手が飛び出しましたが、今回は上位の実力が拮抗しているので、スローペースからのラスト勝負になると思います。

倉敷の3区にキプラガット選手が走れば3区から独走状態になるでしょう。

上位予想チームの戦力分析

倉敷(岡山)

予選では留学生抜きで2時間5分台。

1区には区間上位が期待できる八木志樹選手がいて、他にも5000m14分台前半・中盤の選手が多数。

3区にキプラガット選手が出てくれば圧勝の可能性も。

 

仙台育英(宮城)

留学生だけでなく、日本人選手も強い選手が揃っている。

1・3区以外は倉敷とも互角に戦える。

 

九州学院(熊本)

予選タイムは前回より2分速い。

井川龍人選手は安定して強く、留学生とも勝負ができる。

 

世羅(広島)

留学生の実力が未知数。2区で走るかも。

日本人選手は仙台育英と比べると少し有利。

注目選手の紹介

井川龍人(九州学院)

前回1区2位、インターハイ5000m日本人1位、5000mベストタイム2位

今回は3区を走る予定のようです。

留学生相手にどれだけ走れるのか楽しみです。

 

田澤廉(青森山田)

前回1区4位、5000mベストタイム1位(1人だけ13分台)

青森山田は1区の田澤選手と3区の留学生で出来るでけ貯金を作りたい。

 

菖蒲敦司(西京)

5000mベストタイム3位

 

児玉真輝(鎌倉学園)

5000mベストタイム4位

 

三浦龍司(洛南) 

5000mベストタイム5位

 

スポンサーリンク