この記事では

箱根駅伝2017の注目選手

東海大学1年館澤亨次選手に

ついてまとめています。

 

スポンサーリンク

館澤亨次のプロフィール

名前:館澤 亨次

読み:タテザワ リョウジ

生年月日:1997年5月16日

身長:173cm

体重:59kg

出身地:神奈川県

出身高校:埼玉栄高校

館澤亨次の成績

自己ベスト(2016年12月15日)

5000m:13分48秒89

10000m:29分50秒67

 

3大駅伝の成績

出雲駅伝

2016年:2区2位

 

全日本大学駅伝

2016年:3区1位

 

高校駅伝の成績

2013年(高1)2区7位

2014年(高2)1区7位

2015年(高3)1区6位

 

都道府県対抗駅伝

2013年(中3)2区20位

2015年(高2)1区6位

2016年(高3)1区6位

 

スポンサーリンク

箱根駅伝2017の館澤亨次について

館澤亨次選手は東海大学のルーキーです。

 

箱根駅伝での予想区間は5区です。

5区じゃなかったら3区です。

 

東海大学の5区は前回まで

宮上翔太選手が走っていました。

 

サングラスをかけて走っていたので

記憶に残っている人も

多いんじゃないでしょうか。

 

宮上選手は箱根の5区では

安定して速かったです。

 

宮上選手は卒業しましたが、

館澤選手は宮上選手と

同じくらいの走りができると思います。

 

東海大学は4区終了時点で、

トップと2分くらいの差と予想しています。

 

早稲田・青山学院・山梨学院

この3校と比べると、

少し分が悪いです。

 

5区の力関係を比べてみると、

早稲田は東海より上ですが、

青山学院は少し下、

山梨学院は下だと思います。

 

山梨学院は逆転できると思いますが、

早稲田や青山学院に対しては

5区での逆転は難しいと思います。

 

館澤選手の不安要素は

ハーフ未経験というところです。

 

東海大学は1年生が強く、

エントリー16人のうち、

8人が1年生です。

 

館澤選手が5区で好走すれば、

次回以降も楽しみになってきます。

他の注目選手はこちら

 

スポンサーリンク