2020年9月26日に第30回関西学生対校女子駅伝が行われました。

この駅伝は第38回全日本大学女子駅伝の関西地区予選大会となっています。

 

この記事では結果と感想をまとめています。

 

スポンサーリンク

関西学生対校女子駅伝2020結果

シード校を除いた上位5校が全日本大学女子駅伝の出場権を獲得することができます。

 

優勝 1:39:44 関西大学※シード

2位 1:40:06 大阪学院大学※シード

3位 1:40:46 立命館大学※シード

4位 1:41:09 大阪芸術大学

5位 1:41:47 京都産業大学

6位 1:42:12 佛教大学

7位 1:42:31 関西外国語大学

8位 1:42:39 京都光華女子大学


9位 1:45:00 神戸学院大学

10位 1:46:53 兵庫大学

11位 1:47:59 羽衣国際大学

12位 1:52:16 武庫川女子大学

13位 1:54:44 明治国際医療大学

14位 1:57:21 園田学園女子大学

 

枠が1つ少なければ熱いレースになっていたかもしれません。

前回と比べると神戸学院大学と兵庫大学がout、関西外国語大学と京都光華女子大学がinとなっています。

 

スポンサーリンク

本戦通過大学の区間順位と感想

関西大学

区間順位 2-2-1ー3-2-4

3区の柳谷日菜選手が大きく貯金を作りました。

他の区間も大きな遅れは無かったので、2年連続シード権の可能性が高そうです。

 

大阪学院大学

区間順位 3-1-7-1-1-2

3区間で区間賞を獲っています。

今年もシード権をキープしそうです。

 

立命館大学

区間順位 1-4-5-6-3-2

ベストオーダーではありませんが、戦力が落ちています。

本戦では関西勢トップになれるかあやしいです。

 

大阪芸術大学

区間順位 6-6-2-7-5-1

北川星瑠選手と長濱夕海香選手が好走しています。

この2人は今シーズン、トラックでも好成績を残しています。

 

京都産業大学

区間順位 7-3-8-4-6-5

安井佳苗選手と安田萌加選手が走っていません。

シードチームではなく余裕がないので、状態が悪いんでしょう。

この2人が本戦で走れないとシード権獲得は難しいと思います。

 

佛教大学

区間順位 8-5-3-8-4-6

戦力は前回と同じくらいだと思います。

山﨑夢乃選手が本戦で出てくれば前回の12位より上が狙えます。

 

関西外国語大学

区間順位 4-10-3-2-9-9

2年ぶりの本戦出場です。

西出優月選手と矢尾桃子選手が好走しています。

 

京都光華女子大学

区間順位 5-9-6-5-7-7

7年ぶりの本戦出場です。

17位以内に入れそうなので、関西枠が1つ増えると予想します。

 

スポンサーリンク