2020年9月20日に第68回全日本実業団対抗陸上の5000mが行われました。

自己ベストが続出していたので、良いコンディションだったと思います。

この記事では結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

2020全日本実業団対抗陸上5000m結果

女子

2組

1位 15:43.42 平井見季(肥後銀行)

2位 15:44.80 山口遥(AC・KITA)

3位 15:44.88 谷口真菜(ワコール)

4位 15:44.98 林田美咲(九電工)

5位 15:47.27 山本菜緒(豊田自動織機)

6位 15:54.83 下田平渚(ダイハツ)

7位 15:54.84 石澤ゆかり(エディオン)

8位 16:01.43 佐藤奈々(スターツ)

9位 16:07.90 阿部有香里(しまむら)

10位 16:08.69 松本亜子(デンソー)

11位 16:14.41 坂本茉矢(シスメックス)

12位 16:15.14 篠塚麻衣(ユニバーサル)

13位 16:32.74 内藤早紀子(パナソニック)

14位 16:51.12 足立由真(京セラ)

15位 17:23.02 松下菜摘(天満屋)

 

平井見季選手が自己ベストを10秒以上更新しています。

 

山口遥選手はペースが落ちてから、後半は先頭を走っていました。

市民ランナーですが安定して強いです。

 

谷口真菜選手は10000mも走っていましたが、自己ベスト更新です。

先頭を走ることもあり、良いレースでした。

ワコール陸上部サイトのコメントでは10000mは納得がいってなかったようですが、5000mは満足の結果でしょう。

 

林田美咲選手も自己ベスト更新です。

 

3組

1位 14:55.32 ムワンギ・レベッカ(ダイソー)

2位 14:55.83 新谷仁美(積水化学)※日本歴代2位

3位 14:59.37 廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)※日本歴代3位

4位 15:13.76 キプケモイ・ジョアン(九電工)

5位 15:16.52 佐藤早也伽(積水化学)

6位 15:25.23 ヘレン・エカラレ(豊田自動織機)

7位 15:26.34 安藤友香(ワコール)

8位 15:31.49 鍋島莉奈(JP日本郵政グループ)

9位 15:31.60 菅田雅香(JP日本郵政グループ)

10位 15:36.11 一山麻緒(ワコール)

11位 15:40.20 清水真帆(ヤマダ電機)

12位 15:58.34 兼重志帆(GRlab)

13位 15:59.56 松田杏奈(京セラ)

14位 16:00.87 佐藤成葉(資生堂)

15位 16:02.41 猿見田裕香(ユニバーサル)

16位 16:06.40 中村優希(パナソニック)

17位 16:39.18 グレース・ブティエ・キマンズィ(スターツ)

18位 17:02.72 青山瑠衣(ユニバーサル)

19位 17:21.20 荘司麻衣(ユニクロ)

 

前半は廣中璃梨佳選手、後半は新谷仁美選手が1周72秒ペースで引っ張りました。

ラスト1周でレベッカ選手と新谷仁美選手がペースを上げました。

 

ムワンギ・レベッカ選手は大幅に自己ベストを更新しています。

興譲館高校からダイソーに進みましたが成長しています。

 

新谷仁美選手はラスト1周でペースを上げることができ、日本歴代2位の記録でゴールしました。

前半で廣中璃梨佳選手が引っ張ってくれたのが大きかったです。

日本選手権では10000mに出場すると思いますが、日本記録に迫るタイムが出そうです。

 

廣中璃梨佳選手は前半積極的に行きました。

ラストで上げることが出来ませんでしたが、日本歴代3位の好記録でした。

日本選手権では田中希実選手と競って、日本記録を狙ってほしいです。

 

佐藤早也伽選手も好タイムで自己ベスト更新です。

順調に成長を続けていますね。

 

安藤友香選手も自己ベスト更新です。

10000mでは良くなかったんですが、上手く切り替えてきました。

 

スポンサーリンク

男子

1組

1位 13:52.46 藤井寛之(愛三工業)

2位 13:53.43 梶原有高(ひらまつ病院)

3位 13:55.84 坂田昌駿(中央発條)

4位 13:56.29 作田直也(JR東日本)

5位 13:59.85 上村和生(大塚製薬)

6位 14:02.60 小野田勇次(トヨタ紡織)

7位 14:05.23 橋本隆光(小森コーポレーション)

8位 14:08.21 山本修二(旭化成)

9位 14:09.11 監物稔浩(NTT西日本)

10位 14:15.50 土井大輔(黒崎播磨)

11位 14:16.08 小林巧(セキノ興産)

12位 14:18.87 高橋尚弥(安川電機)

13位 14:22.64 秋山清仁(愛知製鋼)

14位 14:24.22 山本雄大(マツダ)

15位 14:26.58 竹内颯(中央発條)

16位 14:27.34 押川裕貴(NTN)

17位 14:27.34 猪浦舜(八千代工業)

18位 14:27.52 森川翔平(山陽特殊製鋼)

19位 14:43.46 濱野優太(警視庁)

20位 14:47.56 福村拳太(ラフィネグループ)

21位 14:51.88 山端哲世(山陽特殊製鋼)

22位 14:54.26 山本翔馬(NTT西日本)

23位 14:55.41 郡司陽大(小森コーポレーション)

 

1組から好タイムが出ています。

藤井寛之選手と作田直也選手は自己ベスト更新です。

 

2組

1位 13:41.20 丸山竜也(八千代工業)

2位 13:43.70 荻久保寛也(ヤクルト)

3位 13:48.12 其田健也(JR東日本)

4位 13:48.68 梶谷瑠哉(SUBARU)

5位 13:49.77 山下一貴(三菱重工)

6位 13:50.45 平賀喜裕(自衛隊体育学校)

7位 13:50.93 小山陽平(NTN)

8位 13:51.08 國行麗生(大塚製薬)

9位 13:51.61 藤原滋記(SUBARU)

10位 13:52.05 髙木登志夫(横浜DeNA)

11位 13:52.54 細森大輔(YKK)

12位 13:53.13 小山裕太(トーエネック)

13位 13:53.23 安田共貴(九電工)

14位 13:53.74 原法利(Honda)

15位 13:56.68 高井和治(九電工)

16位 14:08.61 藤原直樹(山陽特殊製鋼)

17位 14:11.80 中山顕(Honda)

18位 14:25.58 小森稜太(NTN)

19位 14:54.54 佐藤達也(警視庁)

 

2組は梶谷瑠哉選手が良いペースで引っ張って、自己ベストが続出しています。

14位までの選手が全て自己ベストを更新していると思います。

 

丸山竜也選手と荻久保寛也選手のラストが速く、ラスト1kmは2分33秒です。

 

3組

1位 13:41.81 西山雄介(トヨタ自動車)

2位 13:42.87 山口浩勢(愛三工業)

3位 13:45.88 鈴木祐希(カネボウ)

4位 13:47.72 吉岡幸輝(中央発條)

5位 13:48.02 岡本雄大(サンベルクス)

6位 13:49.40 石井優樹(NTT西日本)

7位 13:49.49 武田凛太郎(ヤクルト)

8位 13:50.69 田村友佑(黒崎播磨)

9位 13:53.03 中西玄気(愛三工業)

10位 13:54.81 今井崇人(旭化成)

11位 13:56.42 鈴木勝彦(SGH)

12位 13:56.76 照井明人(NDソフト)

13位 13:59.39 フレデリック・ミンギワ(セキノ興産)

14位 14:02.27 野中優志(大阪ガス)

15位 14:03.14 秦将吾(大塚製薬)

16位 14:08.19 千葉直輝(SGH)

17位 14:12.18 古賀淳紫(安川電機)

18位 14:12.60 山中秀仁(Honda)

19位 14:44.76 ニコラス・キプリモ(愛知製鋼)

 

3組は照井明人選手が引っ張って良いタイムが出ています。

 

西山雄介選手、山口浩勢選手、鈴木祐希選手が自己ベスト更新です。

山口選手は3000m障害から連戦でしたが、5000mも良かったです。

 

4組

優勝 13:10.64 ジョナサン・ディク(日立物流)

2位 13:11.10 ベナード・コエチ(九電工)

3位 13:22.42 ドミニク・ランガット(コニカミノルタ)

4位 13:22.60 坂東悠汰(富士通)

5位 13:25.29 マゴマ・ベニエル・モゲニ(旭化成)

6位 13:29.16 レダマ・ウェズレイ(SUBARU)

7位 13:30.41 浦野雄平(富士通)

8位 13:32.34 長谷川柊(カネボウ)

9位 13:32.45 イエゴ・エバンス(サンベルクス)

10位 13:34.10 湊谷春紀(横浜DeNA)

11位 13:37.83 的野遼大(三菱重工)

12位 13:38.48 中西亮貴(トーエネック)

13位 13:40.14 田中秀幸(トヨタ自動車)

14位 13:44.37 堀尾謙介(トヨタ自動車)

15位 13:54.81 竹内大地(トーエネック)

16位 13:57.38 鬼塚翔太(横浜DeNA)

17位 14:16.06 大池達也(トヨタ紡織)

18位 14:17.59 延藤潤(マツダ)

19位 14:26.78 文元慧(カネボウ)

20位 14:32.33 小椋裕介(ヤクルト)

 

ディク選手とコエチ選手が交互に引っ張る展開で、ゴールまで接戦でした。

2人とも連戦だったんですが、好タイムでの自己ベスト更新です。

ディク選手は3000m障害に続いての優勝で2冠です。

 

日本人トップの坂東悠汰選手も自己ベスト更新です。

日本人で1人だけ積極的に先頭集団に付いていきました。

終盤までペースが落ちずに上手く粘れて好タイムでした。

 

湊谷春紀選手、的野遼大選手、中西亮貴選手は自己ベスト更新です。

13分40秒を切る選手が増えてきました。

 

スポンサーリンク