2020年3月8日に第75回びわ湖毎日マラソンが行われました。

この記事では上位選手と注目選手の結果、レースの展開と感想について書いています。

 

スポンサーリンク

びわ湖毎日マラソン2020結果速報

優勝 2:07:29 エバンス・チェベト(ケニア)

2位 2:08:05 スティーブン・モコカ(南アフリカ)

3位 2:08:48 フィレックス・キプロティチ(ケニア)

4位 2:08:59 作田直也(JR東日本)

5位 2:09:18 山本翔馬(NTT西日本)

6位 2:09:23 アルフォンス・フェリックス・シンブ(タンザニア)

7位 2:09:28 奥野翔弥(トヨタ自動車九州)

8位 2:09:50 其田健也(JR東日本)

9位 2:10:08 フィレックス・ケモンゲス(ウガンダ)

10位 2:10:13 吉岡幸輝(中央発條)

11位 2:10:32 松本稜(トヨタ自動車)

12位 2:10:37 鈴木健吾(富士通)

14位 2:11:27 荻野皓平(富士通)

20位 2:13:46 早川翼(トヨタ自動車)

23位 2:14:09 丸山文裕(旭化成)

25位 2:14:33 川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)

30位 2:15:36 大塚祥平(九電工)

55位 2:20:44 野口拓也(コニカミノルタ)

 

スポンサーリンク

びわ湖毎日マラソン2020の展開と感想

雨が降る厳しいコンディションとなりました。

さらに機材トラブルによりスタート時間が10分遅れました。

 

ペースメーカーは5km15分ペースで30kmまででした。

30kmまで付いていけた日本人選手は8人いました。

 

30kmを過ぎてからは外国人選手3人の争いとなりました。

35km過ぎから自己ベスト最速のエバンス・チェベト選手が仕掛けて優勝しました。

 

日本人トップは作田直也選手でした。

最近は急速に力をつけてきている選手で、マラソンでも結果を出しました。

終盤は強い風の中を単独走でしたが、ペースはそんなに落ちませんでした。

 

日本人2位は初マラソンの山本翔馬選手です。

条件を考えたら好タイムで、東京マラソンを走っていたら初マラソン日本記録が出ていたかもしれません。

 

奥野翔弥選手と其田健也選手もサブテン達成で、一般参加の選手が予想以上に好成績でした。

 

逆に招待選手は全滅してしまいました。

前評判の高かった大塚祥平選手と鈴木健吾選手は予想より遅かったです。

 

次回は2月28日に開催する予定です。

スタート時間はまだ発表されていません。

東京マラソンは3月7日、名古屋ウィメンズマラソンは3月14日に開催予定です。

来年はゆっくりと3週連続で楽しめそうです。

 

スポンサーリンク