2019年4月27日に織田記念陸上の5000mグランプリが行われました。

この記事では5000mグランプリの男子と女子の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

織田記念陸上5000mグランプリ結果

女子5000mグランプリ 3:44:13~

男子5000mグランプリ 4:06:06~

女子

ドーハ世界陸上参加標準記録 15:22:00

 

優勝 15:20:26 木村友香(資生堂)

2位 15:23:58 廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)

3位 15:25:28 ヘレン・エカラレ(豊田自動織機)

4位 15:26:13 グレース・ブティエ・キマンズィ(スターツ)

5位 15:30:98 森田香織(パナソニック)

6位 15:32:64 ムワンギ・レベッカ(興譲館高校)

7位 15:35:97 和田有菜(名城大学)

8位 15:37:45 五島莉乃(中央大学)

9位 15:39:04 渡邊菜々美(パナソニック)

10位 15:51:60 筒井咲帆(ヤマダ電機)

11位 15:53:88 佐藤成葉(立命館大学)

12位 15:55:90 橋本奈津(京都産業大学)

13位 16:07:17 清水真帆(ヤマダ電機)

14位 16:07:53 関谷夏希(大東文化大学)

15位 16:10:95 小林成美(名城大学)

16位 16:14:29 池満綾乃(鹿児島銀行)

17位 16:22:63 山本菜緒(豊田自動織機)

18位 16:28:14 市川珠李(ヤマダ電機)

19位 16:32:29 菅野鈴菜(ヤマダ電機)

20位 16:35:92 森本紗和(ヤマダ電機)

21位 16:38:30 長谷川詩乃(ワコール)

22位 16:38:78 籔下明音(豊田自動織機)

23位 16:43:08 西原加純(ヤマダ電機)

24位 16:46:00 メリー・シプコ・マネラ(日立)

25位 16:46:27 安田萌加(京都産業大学)

26位 16:49:21 岡本海愛(資生堂)

 

木村友香選手が優勝して、タイムはドーハ世界陸上の参加標準記録を突破しました。

外国人選手が1km3分5秒くらいのペースで引っ張って、木村選手は楽そうについていました。

所属が変わってさらに強くなっています。

 

廣中璃梨佳選手は自己ベスト更新です。

帽子が紫から白に変わっています。

ユニフォームに合わせてということでしょうか。

男子

ドーハ世界陸上参加標準記録 13:22:50

 

優勝 13:43:33 リチャード・キムニャン(日立物流)

2位 13:43:42 ベナード・コエチ(九電工)

3位 13:51:56 河合代二(トーエネック)

4位 13:53:24 平和真(カネボウ)

5位 14:01:41 延藤潤(マツダ)

6位 14:02:88 竹内大地(トーエネック)

7位 14:04:54 芝田俊作(大阪府警)

8位 14:08:71 鬼塚翔太(東海大学)

9位 14:09:88 廣瀬岳(武田薬品)

10位 14:09:98 橋詰大慧(SGHグループ)

11位 14:10:23 向晃平(マツダ)

12位 14:11:69 岡本雄大(サンベルクス)

13位 14:12:60 岡本直己(中国電力)

14位 14:13:24 馬場翔大(NTT西日本)

15位 14:15:84 風岡永吉(JFEスチール)

16位 14:17:35 桃澤大祐(サンコウギョウ)

17位 14:17:84 松井智靖(中国電力)

18位 14:22:01 林竜之介(SGHグループ)

19位 14:22:10 竹ノ内佳樹(NTT西日本)

20位 14:22:17 山本翔馬(NTT西日本)

21位 14:23:88 中川智春(トーエネック)

22位 14:26:33 監物稔浩(NTT西日本)

23位 14:28:63 藤川拓也(中国電力)

24位 14:33:49 米田大輝(大阪府警)

25位 14:37:19 畑中大輝(ヤクルト)

26位 14:42:77 大谷健太(JFEスチール)

 

男子はキムニャン選手が強かったです。

12分台のベストを持っている選手です。

 

2位のコエチ選手はラストのスピードがありますね。

今シーズンは自己ベストを更新してくるんじゃないでしょうか。

 

日本人トップは河合代二選手でした。

びわ湖毎日マラソン2019でMGCファイナリストになりましたが、トラックでも強さを見せました。

河合選手は東京オリンピックではなく、ドーハ世界陸上のマラソン日本代表を狙っている選手です。

 

スポンサーリンク