2018年9月22日に第28回関西学生対校女子駅伝が開催されました。

関西学生対校女子駅伝は第36回全日本大学女子駅伝の関西予選大会となっています。

 

この記事では関西学生対校女子駅伝2018の総合結果(タイム・順位)をまとめています。

 

スポンサーリンク

関西学生対校女子駅伝2018結果速報

シード校を除いた上位4校が全日本大学女子駅伝の出場権を獲得することができます。

関西は全日本大学女子駅伝2017の成績が良かったので、出場枠が1つ増えています。

 

優勝 1:40:37 京都産業大学

2位 1:41:03 立命館大学※シード

3位 1:42:11 大阪芸術大学

4位 1:42:31 大阪学院大学A※シード

5位 1:42:49 関西大学※シード

6位 1:43:07 関西外国語大学

7位 1:44:11 佛教大学


8位 1:45:28 光華女子大学

9位 1:45:56 兵庫大学

10位 1:47:43 神戸学院大学

11位 1:48:32 羽衣国際大学

12位 1:49:45 武庫川女子大学

13位 1:55:55 明治国際医療大学

14位 1:56:54 園田学園女子大学

15位 1:57:46 神戸大学

16位 1:59:39 大阪大学

17位 2:07:14 大阪国際大学

オープン参加

1:47:28 大阪学院大学B

1:55:07 近畿大学・大阪市立大学・奈良県立医科大学

1:55:07 兵庫教育大学・京都教育大学

 

スポンサーリンク

上位大学の区間順位と感想

京都産業大学

1-3-2-1-5-1

関西学生対校女子駅伝2連覇です。

昨年は調子が合わなくて全日本大学女子駅伝のシード権を獲得できませんでした。

橋本奈津選手の調子が良くなっているので、今年は上位争いができそうです。

1年生で区間賞を獲得した安井佳苗選手は注目しています。

 

立命館大学

2-6-1-2-2-5

シード権を持っていたのでベストオーダーではありませんでした。

しかし、このオーダーでも優勝しないと名城大学には勝てなさそうな気がします。

 

大阪芸術大学

3-7-6-3-3-2

過去最高順位でした。

本戦での初シード権が狙えそうです。

若いチームなので今年ダメでも来年もチャンスがあります。

 

大阪学院大学

5-1-5-5-8-3

水口瞳選手が2区なのは他の選手を見たかったということなんでしょうか。

シード権を落とすかもしれません。

 

関西大学

7-4-3-4-1-6

1区で少し遅れましたが、少しずつ順位を上げていきました。

シード校ですが、シード権のキープは難しそうです。

 

関西外国語大学

6-5-3-6-4-3

5年連続で出場権を獲得しました。

本戦では過去最高順位の13位を更新できるかに注目です。

 

佛教大学

4-2-8-7-5-7

枠が増えたことで何とか出場権を獲得できました。

 

全日本大学女子駅伝は10月28日に行われます。

関東大学女子駅伝2018結果速報

 

全日本大学女子駅伝2018の予想はこちら

 

スポンサーリンク