2017年2月19日に

第51回青梅マラソンが行われます。

 

この記事では青梅マラソン2017の

招待選手について書いています。

 

スポンサーリンク

青梅マラソン2017招待選手

男子

ザッカリー・ハイン(アメリカ)

ハーフ自己ベスト 1:03:53

 

押川裕貴(トヨタ自動車九州)

ハーフ自己ベスト 1:02:30

青梅マラソン2016優勝

 

ギザエ・マイケル(スズキ浜松AC)

ハーフ自己ベスト 1:02:27

 

神野大地(コニカミノルタ)

ハーフ自己ベスト 1:01:04

 

藤森憲秀(中国電力)

ハーフ自己ベスト 1:02:39

 

口町亮(東洋大学)

ハーフ自己ベスト 1:03:29

 

土井大輔(法政大学)

ハーフ自己ベスト 1:05:45

女子

鷲見梓沙(ユニバーサル)

5000m自己ベスト 15:17:62

 

宇都宮亜未(キヤノンAC九州)

ハーフ自己ベスト 1:13:59

 

小指有未(ワコール)

ハーフ自己ベスト 1:15:04

青梅マラソン2017の見どころ

男子

丸亀ハーフマラソン2017で

1時間01分04秒の記録を出した

神野大地選手が出場します。

 

マラソンの前に30kmで

どれだけ走れるかに注目です。

 

1時間30分21秒の大会記録を更新して欲しいです。

 

他には前回優勝した

押川裕貴選手も出場しています。

 

押川選手は都道府県対抗男子駅伝で

福岡のアンカー区間を走って、

上野裕一郎選手と優勝争いをした選手です。

 

スピードはありませんが、

長い距離になると強いです。

女子

鷲見梓沙選手が30kmを

どれだけ走れるのか楽しみです。

 

クイーンズ駅伝では

良い成績ではなかったんですが、

都道府県対抗女子駅伝では

アンカーで区間7位とまずまずでした。

 

さらに、2017年1月22日の

選抜女子駅伝北九州大会では

11.7kmの区間で区間賞でした。

 

宮﨑悠香選手に44秒勝っているので、

だいぶ調子は戻っていると思います。

 

過去の大会記録を見ていると、

1時間43分を切れれば

マラソンでも期待できるかなという感じです。

 

スポンサーリンク

青梅マラソン2017のスタート時間

10km:9時30分

30km:11時30分

青梅マラソン2017は開催?中止?

青梅マラソンは過去に3回

大雪のために中止になっています。

 

1996年・2008年・2014年です。

 

青梅市の天気を調べてみたら

今年は大雪の心配はなさそうです。

 

最終決定日時は2月19日の6時で、

大会ホームページに告知されます。

青梅マラソン2017のゲストランナーは誰?

青梅マラソン2017では

西谷綾子さんがゲストランナーとして

10kmの部を走ります。

 

西谷綾子さんは東京マラソン2016で

3時間1分32秒で走っています。

青梅マラソン2017の賞金について

30kmの部の男女総合優勝者に

各50万円の賞金が出ます。

 

東京マラソンの6位の賞金と同じと

考えると少し多いなという感想です。

 

スポンサーリンク