2016年2月27日に

第99回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走が行われました。

 

この記事では福岡クロカン日本選手権

シニア男子12kmの

結果速報と感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

シニア男子12km結果速報

順位 タイム 名前 所属
優勝 35:59 市田 孝 旭化成
2位 36:02 神野 大地 青山学院大学
3位 36:15 茂木 圭次郎 旭化成
4位 36:21 田村 和希 青山学院大学
5位 36:32 服部 弾馬 東洋大学
6位 36:35 馬場 翔大 駒澤大学
7位 36:36 市田 宏 旭化成
8位 36:47 前田 将太 大東文化大学
9位 36:49 平 和真 早稲田大学
10位 36:52 池田 紀保 プレス工業
11位  36:53 秦 将吾 山梨学院大学
12位 36:53 上田 健太 山梨学院大学
13位 36:58 篠藤 淳 山陽特殊製鋼
14位 37:05 大西 亮 プレス工業
15位 37:05 甲斐 翔太 八千代工業
16位 37:14 中村 祐紀 青山学院大学
17位 37:15 山田 翔太 プレス工業
18位 37:17 井上 弘也 上武大学
19位 37:21 田口 雅也 Honda
20位 37:28 小山 裕太 駒澤大学
21位 37:45 木村 哲也 住友電工
22位 38:12 鈴木 太基  大東文化大学
23位 38:19 関 竜大 東京国際大学
24位 38:34 秋山 清仁 日本体育大学
25位 38:34 平賀 喜裕 駿河台大学
26位 38:40 山本 雄太 亜細亜大学
27位 38:59 秋本 優紀 山陽特殊製鋼
28位 39:14 三上 純 京都教育大学
29位 39:26 樋口 正明 SGホールディングスグループ
30位 39:33 荒井 七海 東海大学
31位 39:42 畠中 利樹 山陽特殊製鋼
32位 39:52 西村 涼 亜細亜大学
33位 40:01 秋山 雄飛 青山学院大学
34位 40:01 恋塚 斗貴 亜細亜大学
35位 41:47 小川 智司 九州国際大学
36位 41:51 河根 拓哉 至誠館大学
37位 41:52 山口 明津也  亜細亜大学
38位 44:09 会沢 直矢 SWAC
39位 45:40 甲斐 柊輔 西南学院大学
40位 47:17 大高 達典 能代山本陸協
OP 35:53 カッサ マカショウ 八千代工業
欠場   冨田 三貴 東海大学
欠場   光延 誠 早稲田大学
欠場   高田 康暉 早稲田大学
欠場   永山 博基 早稲田大学
欠場   工藤 有生 駒澤大学
欠場   橋爪 孝安 SGホールディングスグループ
欠場   沖守 怜 SGホールディングスグループ
欠場   柿原 聖哉 SGホールディングスグループ
欠場   西山 雄介 駒澤大学
欠場   中川 智春 トーエネック
欠場   荻野 眞乃介 日本大学
欠場   武田 凜太郎 早稲田大学
欠場   柳原 貴大 八千代工業
欠場   猪浦 舜  八千代工業
欠場   服部 純哉 亜細亜大学
欠場   新井 康平  大東文化大学
欠場   塩尻 和也  順天堂大学
欠場   高橋 一生  城西大学

スポンサーリンク

感想

市田孝選手は安定して強いですね。

優勝おめでとうございます。

 

旭化成に入って記録を更新していましたから、

これからまだまだ強くなっていきそうです。

 

 

2位には神野選手が入りました。

箱根駅伝では本調子ではなかったですが、

完全に調子が戻りましたね。

次回のレースは注目です!

 

 

茂木選手はクロカンでも強いですね。

世界ハーフマラソンでもこの調子で

上位争いをして欲しいです。

 

一度離れても粘れる走りができるので、

マラソンでも期待できそうです。

 

関連記事

第22回世界ハーフマラソン2016日本代表選手は誰?

 

 

4位に入った田村選手は

丸亀ハーフマラソンでは

不本意な結果となってしまいましたが、

今回は満足できたのではないでしょうか。

 

千葉のクロカンで優勝した

西山選手が欠場したのは残念です。

上位との争いが見たかったです。

 

スポンサーリンク