2015年12月20日に

第66回男子全国高校駅伝が行われました。

 

今回はどの高校が優勝したんでしょうか?

区間賞は誰が獲得したんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

最終順位結果一覧

優勝 世羅(広島) 

    2:01:18※大会新

2位 九州学院(熊本) 

    2:03:06

3位 倉敷(岡山) 

    2:03:08

4位 佐久長聖(長野) 

    2:04:05

5位 小林(宮崎) 

    2:04:15

6位 洛南(京都) 

    2:04:18

7位 学法石川(福島) 

    2:04:40

8位 加藤学園(静岡) 

    2:05:09

9位 八千代松陰(千葉) 

    2:05:09

10位 大牟田(福岡) 

    2:05:09

11位 仙台育英(宮城) 

    2:05:16

12位 須磨学園(兵庫) 

    2:05:16

13位 水城(茨城) 

    2:05:17

14位 鳥栖工(佐賀) 

    2:05:22

15位 国学院久我山(東京) 

    2:05:30

16位 西脇工(近畿) 

    2:05:35

17位 豊川(愛知) 

    2:05:53

18位 富山商(富山) 

    2:05:57

19位 埼玉栄(埼玉) 

    2:05:59

20位 秋田工(秋田) 

    2:06:00

21位 一関学院(岩手) 

    2:06:02

22位 那須拓陽(栃木) 

    2:06:07

23位 関大北陽(大阪) 

    2:06:12

24位 西京(山口) 

    2:06:19

25位 東京農大二(群馬) 

    2:06:25

26位 愛知(東海) 

    2:06:26

27位 流通経済大柏(南関東) 

    2:06:28

28位 伊賀白鳳(三重) 

    2:07:06

29位 山梨学院大付(山梨) 

    2:07:32

30位 札幌山の手(北海道) 

    2:07:38

31位 鶴崎工(北九州) 

    2:07:41

32位 桂(開催地) 

    2:07:43

33位 鹿児島実(鹿児島) 

    2:08:13

34位 尽誠学園(香川) 

    2:08:13

35位 大分東明(大分) 

    2:08:14

36位 智弁学園(奈良) 

    2:08:22

37位 長野日大(北信越) 

    2:08:37

38位 佐野日大(北関東) 

    2:08:42

39位 千原台(南九州) 

    2:08:51

40位 徳島科学技術(徳島) 

    2:09:04

41位 法政二(神奈川) 

    2:09:15

42位 北海道栄(北海道) 

    2:09:25

43位 八戸学院光星(青森) 

    2:09:37

44位 東海大山形(山形) 

    2:09:39

45位 滋賀学園(滋賀) 

    2:09:41

46位 瓊浦(長崎) 

    2:09:43

47位 東北(東北) 

    2:09:45

48位 中越(新潟) 

    2:09:51

49位 中京(岐阜) 

    2:10:26

50位 西条農(中国) 

    2:10:39

51位 遊学館(石川) 

    2:11:24

52位 美方(福井) 

    2:11:55

53位 出雲工(島根) 

    2:12:11

54位 鳥取城北(鳥取) 

    2:12:25

55位 高知工(高知) 

    2:12:56

56位 宇和島東(愛媛) 

    2:13:20

57位 コザ(沖縄) 

    2:13:29

58位 八幡浜(四国) 

    2:14:12

59位 和歌山北(和歌山) 

    2:15:28

 

区間賞

1区 關颯人(佐久長聖/長野)

    29分08秒 

2区 井上広之(世羅/広島)

    8分15秒 

3区 ポール・カマイシ(世羅/広島)

    22分51秒

4区 永井拓真(水城/茨城)
    宗直輝(鳥栖工/佐賀)

    23分17秒

5区 山口和也(世羅/広島)

    8分38秒

6区 植村拓未(世羅/広島)

    14分25秒

7区 中川翔太(九州学院/熊本)

    14分16秒

 

スポンサーリンク

 

感想

私の予想はこちらでした。

高校駅伝男子2015予想!優勝候補と注目選手は?

 

優勝は前評判通り、

世羅高校の圧勝でしたね。

 

1区が終わった段階で

ほぼ優勝が決まってしまっていて

後は大会記録を更新できるかが

見所となりました。

 

学法石川は1区、2区、4区で

もうちょっと頑張りたかったですね。

優勝を意識しすぎていたのかもしれません。

 

九州学院や倉敷は

3位以内に入れば十分だ

という感じで走っていたと思います。

 

入賞争い付近は

力の差がほとんどなかったので

大混戦となりました。

 

次回は世羅と九州学院の勝負になりそうです。

世羅が本命になりそうですが、

今回ほど圧倒的にはならなさそうです。

 

スポンサーリンク