2015年10月25日

全日本実業団対抗女子駅伝の

予選会が行われました。  

 

全日本実業団対抗女子駅伝の予選会は

プリンセス駅伝とも呼ばれます。

本戦はクイーンズ駅伝と呼ばれます。  

 

この記事ではプリンセス駅伝の

結果と感想を書いていきます。  

 

スポンサーリンク

 

 

プリンセス駅伝2015の結果

全日本実業団女子駅伝は

シードが8つあって

シード権を持っているチームは

プリンセス駅伝には参加していません。  

 

シードチーム

※前回の順位の順番

デンソー

ダイハツ

ヤマダ電機

豊田自動織機

第一生命

九電工

ユニクロ

しまむら    

 

予選会の結果

※本戦通過は14位まで  

 

区間ごとの詳しい結果は

こちらのサイトで確認できます。

プリンセス駅伝の結果  

 

1位 ユニバーサルエンターテインメント

2位 積水化学

3位 JP日本郵政グループ

4位 天満屋

5位 ノーリツ

6位 ルートインホテルズ

7位 日立

8位 三井住友海上

9位 ワコール

10位 ホクレン

11位 十八銀行

12位 パナソニック

13位 シスメックス

14位 TOTO


15位 キャノンAC九州

16位 資生堂

17位 大塚製薬

18位 エディオン

19位 スターツ

20位 肥後銀行

21位 鹿児島銀行

22位 愛知電機

23位 小島プレス

24位 宮崎銀行  

 

14位と15位の差は1秒でした。

この1秒の差は大きいです。  

 

区間賞

1区 尾西美咲(積水化学)

2区 木村友香(ユニバーサル)

3区 鈴木亜由子(日本郵政)

4区 パウリン・カムル(ルートインホテルズ)

5区 和久夢来(ユニバーサル)

6区 井原未帆(積水化学)  

 

スポンサーリンク

 

 

プリンセス駅伝2015の感想

結果を見てみると、

ユニバーサルエンターテインメント

北京世界陸上5000m日本代表選手の

鷲見梓沙選手がエース区間の3区で

区間4位に入っています。  

 

鷲見梓沙選手はクイーンズ駅伝の

注目選手の1人です。  

 

ユニバーサルエンターテインメントは

前回は1区で出遅れたのが痛かったのですが、

今回は誰を1区にエントリーするんでしょうか?  

 

予選会のチームの中では、

唯一クイーンズ駅伝で上位争いが

できるチームだと思います。    

 

 

予選会2位の積水化学

主力の清水裕子さんが

エントリーリストには入っているんですが、

予選会では走っていません。  

 

清水さんが走れないと、 シード権は厳しいです。  

しかし、尾西美咲選手の

予選会1区区間賞はすばらしいです。  

 

北京世界陸上5000mで日本代表に選ばれて

決勝に出場した選手ですが、

ここでも力を発揮しましたね。

尾西選手はラストに強い選手です。    

 

他のチームはシードが厳しそうです。

シードのチームは強いですからね。  

 

天満屋は全体的に力が落ちてますね。

重友梨佐選手はリオ五輪の

マラソン代表の可能性が十分にあるので

クイーンズ駅伝の結果も注目ですね。  

 

JP日本郵政グループの鈴木亜由子選手が

エース区間の3区で

ワコールの福士加代子選手を抑えて

区間賞を取っています。  

 

北京世界陸上の5000mで

入賞まであと少しの9位に入りましたし、

5000m、10000mでは

日本一の実績を残してきてますね。  

 

24歳とまだ若いですし、

非常に楽しみな選手です。  

 

大塚製薬は3区に

リオ五輪マラソン代表内定の

伊藤舞選手が走りました。  

 

しかし、区間15位の走りで

チームは本戦通過できませんでした。  

 

伊藤舞選手はスピードのある選手ではないのですが、

ちょっと不安ですね。

オリンピックまではまだ時間があるので

上手く調整していってほしいです。

 

まとめ

クイーンズ駅伝の順位はどうなるんでしょうか?

大学女子駅伝のように圧勝と

いうことにはならないと思います。  

 

スポンサーリンク

 

 

クイーンズ駅伝の予想はこちらから

クイーンズ駅伝2015順位予想!優勝候補と注目選手は?