2020年9月19日に第68回全日本実業団対抗陸上の3000m障害が行われました。

この記事では結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

2020全日本実業団対抗陸上3000m障害結果

女子

優勝 9:50.05 山中柚乃(愛媛銀行)

2位 10:00.06 藪田裕衣(大塚製薬)

3位 10:01.08 瀬川帆夏(シスメックス)

4位 10:11.76 吉川侑美(ユニクロ)

5位 10:16.27 森智香子(積水化学)

6位 10:32.78 沖村美夏(愛媛銀行)

 

山中柚乃選手が自己ベストを大幅に更新しました。

吉村玲美選手の自己ベストまで1秒を切っています。

日本選手権での対決が楽しみになってきました。

この2人は同い年です。

 

藪田裕衣選手が自己ベストに近いタイムで走っていて、ゴールデングランプリでの転倒の影響がなさそうで良かったです。

男子

優勝 8:24.38 ジョナサン・ディク(日立物流)

2位 8:24.38 フィレモン・キプラガット(愛三工業)

3位 8:25.34 山口浩勢(愛三工業)

4位 8:28.49 楠康成(阿見AC)

5位 8:33.81 青木涼真(Honda)

6位 8:34.11 荻野太成(旭化成)

7位 8:34.38 滋野聖也(プレス工業)

8位 8:37.36 篠藤淳(山陽特殊製鋼)

9位 8:46.25 小室翼(愛知製鋼)

10位 8:47.16 神直之(北星病院)

11位 8:53.76 近藤聖志(トヨタ自動車)

12位 9:00.78 高橋流星(愛知製鋼)

13位 9:06.61 中島阿廉(黒崎播磨)

14位 9:07.05 宮城壱成(金秀AC)

15位 9:07.39 三上嵩斗(SGH)

16位 9:07.98 多喜端夕貴(NTN)

17位 9:15.14 石橋安孝(SGH)

 

ゴール直前まではキプラガット選手がトップでしたが、気を抜いてゆるめてしまい、ディク選手が逆転しました。

 

山口浩勢選手は自己ベストに近いタイムでした。

ホクレンに続いての好走です。

 

楠康成選手は自己ベスト更新で、日本歴代10位のタイムです。

8分30秒切りの選手がどんどん出てきます。

 

スポンサーリンク